2010-05-30

ラムダ計算 入門

SchemeでSchemeのコンパイラを作っているのだが、いろいろやるに当たって必要になったので勉強中。
(泥縄とかそういう突っ込みはいらない)

ラムダ計算入門のPDFが分かりやすかったのでこれを元に入門編を勉強。

とりあえずラムダ計算の定義。
e(λ式) ::= x     (変数)
          | λx.e (λ抽象)
          | e1e2  (関数適用)
この辺は余裕。
Schemeで変数を定義するときにlet式を使うが、let式もlambdaに変換できる。
(SICPで出たが復習)
(let ((x 1)) <body>) -> ((lambda (x) <body>) 1)
λ式に対して関数適用をするといった感じ?

β簡約
いくつかやり方があるらしい。とりあえず資料にあったのは、R-Beta、R-App1、R-App2とR-Absの4つ。
R-Beta:
--------------------------
  (λx.e1)e2 -> [e2/x]e1
例: 
(λx.x)y -> y
(λx.λy.x)z -> λy.z
[e2/x]e1はe1の変数xにe2を代入したという意味。
R-App1:
     e1 -> e1'
-----------------
  e1e2 -> e1'e2
例:
(λa.b)cd -> bd
λ式は左結合なので、(λa.b)cdは実際は((λa.b)c)dとなる。R-Betaで(λa.b)cが[c/a]bになって、このbに対してdを適用するということ。
じゃあ、正確には[c/a]bdじゃないのだろうかと、ちと疑問。
R-App2:
    e2 -> e2'
-----------------
  e1e2 -> e1e2'
例:
a((λx.x)b) -> ab
R-App2はR-App1のe2版。つまり引数に対してβ簡約をするということ。
例は資料になかったので自分で考えた。間違い指摘大歓迎!!
R-Abs:
      e -> e'
-------------------
  λx.e -> λx.e'
例:
λx.(λy.y)x -> λx.x
λ抽象に対しての簡約。実行時に関数を評価するMLでは必要ないらしい。でも、簡約=最適化だとすればコンパイル時に評価しなくてもいいので、簡約はしておきたいなぁ。ということでこれも必要としておこう。

α変換
変数名を一意に変換すること。こんな感じ(まんま資料から)。
(λx.λy.xy)y -α変換-> (λx.λy'.xy')y -β簡約-> λy'.yy'
最初の式のyと適用されるyは異なる変数だが同名がつけられている。このまま簡約すると式の意味が変わるので変数名を変えようというだけの話。
仰々しい名前が着いてるけど、変数名の衝突を防ぐだけ・・・

とりあえず、入門の入門としてはこれくらいにする。
1時間の勉強内容としてはこんなもんだろう・・・

最終的にはSabry&WadlerのCPS変換の実装をSchemeでできるまでには習得したい・・・

2010-05-23

New York最終日

書いてる時間がおかしいが、まぁ無事に帰ってきた後ということで^^;

特に何もない、実は(じゃあ書くなよ)
飛行場の近くにあるモールでランチ取っただけという話。

飛行場はNewarkという飛行場。なんとも紛らわしい名前だ。
んでもって、あほかというほど混んでた。
飛行場でいつも気になるのは、清掃のおばちゃんじゃないけど、係員みたいな人は大抵アメリカ人じゃない発音の英語を話すこと。
大抵インド系かスペイン系。
そういえばタクシーの運ちゃんとかバスの運ちゃんもスペイン系が多かったなぁ。
この辺りは移民が着く仕事なんだろうか?

帰りの飛行機は特に問題なく7時間弱で到着。
特に時差ぼけも無く、普通のフライトだった。

どうでもいいが、今回の旅行で分かったことがある。
僕は英語が話せない・・・(T_T)

2010-05-21

New York四日目

四日目もニューヨーク。
今日はツアーバスには乗らずいろいろぶらぶら。
といっても、あんまりどこにも行ってないなぁ。

お茶して、
自由の女神をフェリーから見て、
セントラルパークで(大分遅い)昼食をとって(17時)、
チャイナタウンで買い物して、
終了。

セントラルパークはかなりいい感じの公園だった。
都会の雑踏を完全に忘れることができるというか、まぁそんな感じ。
しかも、やたらでかい!
もう来ることはないと思うが、もし機会があればレンタル自転車で一周してみたいなぁ。

2010-05-20

New York三日目

今日もNew York。
New YorkというかManhattanは基本的に3つの地域(?)から成り立つっぽい。
Uptown、MidtownそれにDowntownの3つ。DowntownにはWall Streetとか経済の中心っぽいところがあり、UptownはHarlemとか居住地っぽい感じ。
個人的にHarlemって聞くとスラム街ってイメージがあったのだが、それは今や昔の話で今は(バスのガイドさんの話によると)完全に安全らしい。
どうでもいいのだがUptownにはコロンビア大学があり、コロンビア大学というとシヴァ、アレクサンドライトなどの漫画が思い浮かぶ。
(浮かぶ人の方が少ないだろう上に、20年近く前の漫画だったりする)
個人的に、あの漫画のManhattan描写はなんだかいろいろ違うような気が今更ながらにしたが、20年くらい前なので当時はそうだったのかもしれない。どうでもいい話。
ちなみに、コロンビア大学はもっとも学費が高い私立大学の一つらしい。っで、同じくManhattanにあるニューヨーク大学は年間5万ドル(500万円くらい?)ほどするらしい。漫画の中の話とは言え、彼らはものすごく金持ちだったのだろう・・・

そんなことを考えながら観光バスのUptownツアーを終了し、タイムズスクエアに戻る。っで、何故か吉野家で昼食。
味はまぁまぁだったのだが、なぜ吉野家に寿司があるんだろう?

その後Downtownツアーのバスに乗り、ナイトツアーでManhattan → Brooklyn → Manhattanと移動。無いとツアーのガイドのおっさんがやたら面白い人だった。

ちょっとだけこの街に慣れてきた気がするが、やはり肌に合わない・・・

2010-05-19

New York二日目

今日は普通の時間に起きたのでそれなりに元気。
ホテルで朝食を取ってシャトルバスでManhattanへ。
あいにくの雨なので適当にぶらぶら。
(セントラルパークとか行ってみたいところはあるのだが、雨だしやめた。明日)

タイムススクエアとかそれっぽいとこを見た感じ。
48時間乗り降り自由の観光バスのチケットを買い、それに乗って時間をつぶす。
雨なので説明を聞いてもそれそのものは見えない・・・
無駄金払った気分orz
明日があるさ!

そんな感じでとりあえず二日目終了。

2010-05-18

New York一日目

無事に飛行機に乗れ、無事にNew Yorkに到着。
実際にはNew Jerseyだったりするが、まぁ主に活動するところはNew Yorkになるので細かいことは気にしない。

とりあえず、今日も4時おきだったりするので、ホテルに到着し次第爆睡・・・
う~ん。

飛行場からホテルまでまぁ距離があって、電車に乗る必要があったのだが、その車窓から覗いた世界がなんだかセピア色だった。
う~ん、とりあえずすでに自分になじまないなぁという雰囲気が漂っている・・・

2010-05-17

Orlandおまけ

Orlandoを出発する予定だったのだが、いろいろあって飛行機に乗れなかった・・・
ということで、おまけの一日。
朝4時起きという超睡眠不足に加えて連日の疲れから何もできなかったけど・・・
とりあえず、シーワールドに行っておしまい。

明日は本当にNew Yorkのはず・・・

2010-05-16

Orland最終日

諸事情により、6日目と7日目はスキップ。

最終日。今日はユニバーサルスタジオに行ってきた。新しいジェットコースターがあったのだが、60分待ちとかだったので断念。
適当に他のを堪能して一日終了。
かなり歩いたので足が痛い。
今日がOrlando最終日。次はニューヨーク。

どうでもいいが、昨日と一昨日で韓国人が嫌いから大嫌いになった。やつらは本当におかしい。

2010-05-13

Orlando五日目

今日はアクアティカで泳いだ。
前回いけなかったウォータースライダーを制覇したので、ちょっと満足。
やはりシーズンより少し早いせいか、人がまばら。いいことだが、ちと(気温的に)寒かった・・・

っで、疲れたので早めに切り上げて、適当に休憩してからIron Man 2を観ることに。
きっとまだ日本では上映されて無いだろうのでネタはばらさない方向で。
(ってか前作は上映されたのか?)
感想。近作はコメディー色が結構だされている感じで、笑いどころが結構あった。
内容的にはまずまず。突っ込みどころも多々あったが、個人的には観て損はないと思えた。
Iron Manの役者とシャーロックホームズの役者が一緒なのだが(名前を失念・・・)、この人いい演技をするなぁと思う。この手の自信過剰で子供っぽさのある役がはまり役なのか、この人自身がすばらしい役者なのか(もしくは両方か)分からんけど。

そういえば、映画館からの帰りにパトカーがIHop(レストラン)に10台くらい停まってるを見た。きっと強盗が入ったのだろう・・・
怖い・・・

2010-05-12

Orlando四日目

今日はブッシュガーデンに行ってきた。
特筆するようなことは実はないのだが、とりあえず人は少なめだった。

どうでもいいのだが、この時期のフロリダは天気が微妙。昼間はあほかと思うほど暑いのに、夜になると冷える。ってか、寒い。
レストランとかバスとかガンガンに冷房が効いてるので、長袖を着ないと寒くてしょうがない。っが外は暑い(昼限定)。

更にどうでもいいのだが、枕が替わったせいか眠りが浅く疲れが取れない。毎日寝不足で太陽の下はきつい・・・

2010-05-11

Orlando三日目

今日はシーワールドに行ってきた。
入園する前に、一悶着あったのでその話と+α
シーワールド、アクアティカ、ブッシュガーデン、その他といくつかのテーマパークは経営者が同じっぽいのでいくつか周るなちょっとお得なチケットがある。
っでそのチケットを買った際に、何を間違ったのか名前のつづりが違った。っで、正しいのにしてくれといったら、
「問題ない」
との一言。どう考えてもおかしい。
チケットに必要に応じてID(大概パスポート)を見せてもらうことがあるなんて注意書きがあって、チケットの名前とIDの名前が食い違ってたら問題にしかならないはずだ。
っが、チケット売り場のおばさんは問題ないの一点張り。しょうがないのでカスタマーサービスへ。
っが、さらにここでも問題ないと言われる。
しょうがないので、ID要求されたらどうなるんだってわざわざ説明したら、その人の判断では決定できないので上司に指示を仰ぐといって中に入ってった。
結論を言えばチケットは無事交換されたのだが、どう考えても手際というかいろいろおかしすぎ。
訴訟大国のくせに、訴えられたらどうするんだって突込みどころが山ほどある気がする。

まだローシーズンなのか、どこもかしももガラガラ。世界的な不景気で旅行者が少ないのかもしれないが、これでは路頭に迷う人がでるんじゃねぇの?ってくらいガラガラ。
実際、去年あったホテルとか、レストランとか結構消えているので路頭に迷っているのだろうが・・・
まぁ、待ち時間が少ないというのはこちらにとってはうれしいことなのでどうでもいいが。

どうでもいい話。
アメリカという国柄なのか、フロリダだからなのかは分からないが、こっちにきて英語を話すことにすごく抵抗を感じる。抵抗というか、(元々そんなに正しくはないが)発音がどうも違うらしい。っで、少しでも発音が違うと理解されない・・・
でも、観光地なんだし旅行者が全員正しい(何をもって正しいというか知らんが)英語が喋れるわけないので、理解しようとする姿勢が必要だと思うのだが、それも見受けられない・・・orz
なので、なんか居心地が悪いというか、そんな感じ。
ちなみに今日通じなかった英語はなんと「hot」!
今まで通じなかったことは無いのだが、こっちで「ホット」という通じない。どちらかと言えば(厳密には違う)「ハット」に近い発音がアメリカ訛り(南部だけかも)っぽい。
waterと同じ感じだわね。
個人的には、「聞き返さないと分からないほどの差はない気がする」のだがどうだろう?
特に「hot tea」って言ったら、少なくとも「tea」の部分は分かるだろうと言いたい。メニューにアイスティーはないんだし。そこも違うかも?それは・・・

2010-05-10

Orlando二日目

ひたすらショッピングな1日であった。ぐったり・・・
ショッピングモールを3つくらいはしごするという地獄のような一日・・・

主にアウトレットなのだが、こっちのアウトレットは結構豪快に(普通なのかもしれないが)値引きをする。今日は母の日ということで50%引きだった。
しかし、それって裏を返せば50%引いても利益がでるってことだよね?
通常価格がどれだけぼられてるのかよく分かる。ブランド名ってつけたもん勝ちだなぁ。

2010-05-09

Orlando一日目

昨日(時差の関係でいつだかもはや分かってないが・・・)飛行機に乗ってアメリカに出発した。
行きの飛行機の中でアイスランドの噴火が見えたのは貴重な体験だったと言えるだろう。
(写真も撮ったけど、いろいろ無いから載せれない。気が向いたら)

まずはNew Yorkでアメリカに入国。なんだか今回の入国審査はえらく人種差別を感じたが、まぁアメリカだしこんなもんだろうと勝手に納得しておく。
(でも、白人は一言交わして他は根掘り葉掘り聞くってさすがにどうよ!)

っで、トランスファーでオーランドへ。
特に何かすることもなく、ウォールマートへ行って飲み物当の買い物。
その後夕食で現在に至る。
一日目だしこんなもんだろう。

時差ぼけはないと思うのだが、旅の疲れでやたら眠い・・・

2010-05-07

出発前夜

なぜか標題の後ろに「の夜」という馬から落馬するみたいな表現にしたくなった。
何故だ?

明日の朝にアメリカに向かって出発。
休暇です。2週間ほど行ってきます。
こっちにきて本当にありがたいなぁと思っているのはこの有給二週間とか普通に取れること!
日本にいたときは1週間でさえ不可能だったのに・・・
(まぁ、その分いろいろサービスは悪いが、24時間のコンビニなんてここではありえん)

アメリカといえば、普天間の問題が深刻化しているようです。
ひっくり返したかと思えば、やっぱり元に戻したいと言ってみたり、そうじゃないとその日のうちに撤回したり。
鳩山由紀夫氏(あえて総理とは呼ばない)は本当に妄言癖がおありのようです。
(正直、今のところ自分とは関係ないので)情報をしっかり選別せず、マスコミの言うなりに民主党に投票した人たち、つまり国民に原因の一端があるので、しっかり苦しんで次回に活かしてもらいたいなぁと。

マスコミは事実を流せばいいんだよ。変な情報操作すんな!
(言いたかっただけ)

口蹄病のこととかもぜんぜん報道されてないみたいだし・・・
どうなってるのかね、日本・・・