Syntax highlighter

2013-08-28

TLSライブラリのバグ

WebSocketをTLSで使うためにSNIがサポートされてないといけないという話からバグを発見。元々は、wssでアクセスするとフリーズするという話だったのだが、これSNIが問題ではなく単にバグを踏んでいただけだったという話。

問題はTLSのレコードが複数のハンドシェイクメッセージを持つことが可能であることに起因する。現状の実装では1レコード1メッセージを期待していて、複数のメッセージが乗っていた場合2レコード目以降を捨ててしまうというバグである。(単にRFCの読みが甘かったという話でもある。)

これ結構大きめな問題で、設計からやり直しかねぇと思いながら15分くらい考えたらなんとなく隙間を縫っていけそうな解決案が思い浮んだのでメモ。現状レコードで運ばれてきたメッセージはとりあえず一度に全部取得し、その後先頭バイトを見てメッセージの振り分けをしている。ここで、アプリケーションメッセージ以外のメッセージは取得した内容をバイナリポートに変換して扱いやすくしている。

問題になるのは、変換したポートが空になるまで読んでいないことなのだ。1メッセージ読んだ後に1バイト先を見てやりEOFでないならセッションオブジェクトにでも保存しておけば次に読むのはメッセージであるということが分かるのでソケットにアクセスしにいって無限に待つということもなくなるのではないか、という案。レコードを読む部分の処理とセッションオブジェクトの変更のみで残りの部分は特に問題なくいける気がする。

とりあえず、明日試してみることにする。 しかし、原因を追究するためにRFCを読み直したり、パケットログを取ったりといろいろやったが、ほぼ空回りというのが自分らしいというか・・・

No comments:

Post a Comment

Post a Comment