Syntax highlighter

2013-10-11

ジェネリックな書庫ライブラリ

一つ前の投稿のやつだけど、早速作ってみた。どうせ作るような気がしたので、なら早い方がいいだろうというだけの理由。

とりあえずこんな感じで使える。
(import (rnrs)
        (srfi :26)
        (archive))

;; for this example it's tar
(define-constant file "test.tar")
(when (file-exists? file)
  (delete-file file))

;; use tar. for zip then 'zip.
(define type 'tar)

(call-with-output-file file
  (lambda (out)
    (call-with-archive-output type out
      (lambda (zip-out)
        (append-entry! zip-out (create-entry zip-out "test.scm"))
        (append-entry! zip-out (create-entry zip-out "test-lib/bar.scm")))))
  :transcoder #f)
        

(call-with-input-file file
  (lambda (in)
    (call-with-archive-input type in
      (lambda (zip-in)
        (do ((e (next-entry! zip-in) (next-entry! zip-in)))
            ((not e) #t)
          (print (archive-entry-name e))
          (unless (string=? "test.scm" (archive-entry-name e))
            (print (utf8->string 
                    (call-with-bytevector-output-port
                     (cut extract-entry e <>)))))))))
  :transcoder #f)
書庫を作る際は現在のところファイル名を受け付けるが、展開する際はポートに吐き出すようになっている。これは、書庫のフォーマットによって必要な情報が異なるので。実際に使い出して必要そうなら多分キーワード引数で指定するとかするようにするかもしれない。当面要りそうなのは展開部分なので、とりあえずといった感じ。next-entry!が末尾に来た際に#fを返すべきかEOFを返す返すべきかは悩みどころではあるが、#fの方が後々楽じゃないかなぁとは思っている。まぁ、好みだろう。

仕組みはDBIと似ていて、書庫のタイプごとに(archive $type)ライブラリが定義されている。現状ではtarとzipのみ(RARとかLZHとか誰か書いてくれないかなぁ・・・)。後はテストとドキュメントの整備か。 テストとか使用感の関係でひょっとしたら次のバージョンでは明文化しないかもしれないが・・・リリース来週だし・・・

No comments:

Post a Comment

Post a Comment