2013-06-26

TLSとFTPと

FTPライブラリを書いてたらTLSにバグが混入しているのを発見。しかも、0.4.4から紛れ込んでいたものだったという切ないものだった。まぁ、TLS周りはテストを書いていないので発見しようが無かったという話ではあるのだが、あんまり使わないんだなぁ自分でも・・・テスト大事だよ!(どうテスト書こう、テスト用にサードパーティの何かを入れるのは嫌だが、セキュリティ周りのテストを自家製だけで書くのはまずいし、さてさて・・・)

まぁ、原因はSRFI-6の挙動をポートから取り出してもポートを空にしないように直した際のバグなのだが、何しろ3ヶ月前のこととあまり直接的な原因ではないこともあいまって最初はどこが悪いのかさっぱり分からんかったりした。っで、どう見つけたか?もうね、ローラー作戦ですよ。0.4.3までソースを巻き戻してどこで起きるかというのを一個ずつ潰していくという何とも地味な作戦。0.4.3から0.4.4の間ではBignumのパフォーマンス改善してたのでそこかなと当たりをつけてたらまんまと外れたという、思い込みもよくないという話。

原因が分かれば直すのは簡単で、さくっと直してFTPの実装を再開。データコネクション周りが実は面倒だということが発覚して、どうしようというのが現在直面している課題。

問題になるのはアクティブモードなのだが、クライアント側がサーバソケットを作ってFTPサーバからの接続を待つ必要があるのだが、現状のソケットライブラリでサーバソケットを作るとgetsocketnameで取れるアドレスがループバックアドレス(0.0.0.0)になってしまう。じゃあと思ってAI_PASSIVEを外してやると今度は127.0.0.1が取れるのだが、これって他のサーバとやり取りできないよなぁという感じでごにょごにょしている。(どうでもいいのだが、socket-nameというAPIがあるんだけど、こいつが非常に紛らわしくなっているので変更してやろうと思っていたりする。) 普通にNICに割り付けられたIPアドレスを取る方法ってないのだろうか?

どうでもいいのだが、職場のFTPはFTPSは受け付けていないという事実が分かって驚愕している・・・SFTPじゃないとだめなのかよ・・・orz

2013-06-23

ほしいライブラリ

ちょっと開発意欲が低下気味な6月、ほしいものはあるんだけどモチベーションが高まらないというなんともだめな感じである。

とりあえず、何がほしいかをメモっておいて後で頑張ろうという先送り作戦を展開してみんとす。といっても、今のところは2つしかないんだけどね。

【Lexer】
CのヘッダをパースしてFFIのバインディングを吐き出すような何かを作ろうとしているんだけど、Packratという強力なパーサジェネレータはあるくせにLexerは毎回手書きという切ない状態にある。 ということで、Packratで使えるLexerを生成する何かしらがほしい。妄想的に以下のように書けると嬉しいかもしれない。
(define generator
  (lexer
    (D #("0-9"))    ;; vector indicates a charset?
    (L #("a-zA-Z_"))
    ...
    ("/*" comment)  ;; here comment is a procedure takes one argument which is a port?
    ("auto" 'AUTO)  ;; returns token kind?
    ...
    ((/ "[" "<:") '#\[)
    ...))
細かいことは全然考えてないのだけど、とりあえずこんな感じでルールを書いたら適当にLexerを作ってくれる何かしらな感じ。RacketにLexerジェネレータなライブラリがあるから参考にしようかと考えている。(Pure Schemeな実装があったら是非教えてほしいなぁ)

【FTP】
仕事でちょいちょいFTPでwarを上げてJBossにデプロイなんてことがあるんだけど、現状でMavenをSchemeで叩いているのだから出来上がったwarもSchemeで上げてしまえたら一手間減るよなぁと考えている。FTPなんて実装はどこにでもあるわけだし移植するだけなんだけど割りと億劫になっているのと、APIをどうしようとか、TLSなソケットも使えるようにしてFTPSもサポートしないと使い物にならんとか考えていて手が動いていない状態。まぁ、なんとなく構想ができてきている段階ではあるので、テスト用の環境をでっち上げて作るだけではあるのだが・・・

個人的にはIMAPとかあるとiPhoneで音が鳴ったら適当にシェルからメールがチェックできたりして便利かもとか考えていたりはする。まぁ、これは必要に迫られていないので妄想すらないが・・・

2013-06-14

Sagittarius 0.4.6リリース

Sagittarius Scheme 0.4.6がリリースされました。今回のリリースはメンテナンスリリースです。ダウンロード

修正された不具合
  •  parameterize内でcall/ccを使うとパラメタの値が正しく復帰しない不具合が修正されました
  • パラメタの束縛を変更しても変更が反映されない不具合が修正されました
  • define-libraryで(scheme base)をインポートしないとcond-expandが使えない不具合が修正されました
  • define-classが他のライブラリに依存している不具合が修正されました
  • #x800000がマイナスの値を返す不具合が修正されました
  • (sagittarius mop validator)のobservevrがエラーを投げる不具合が修正されました
  • 組込み総称関数がSEGVを起こす不具合が修正されました
  • current-jiffyが正確な整数を返さない不具合が修正されました
  • ((and and))がREPL上でSEGVを起こす不具合が修正されました
  • datum->syntaxが正しく構文オブジェクトを作成しない不具合が修正されました
  • importがexcept句を無視する不具合が修正されました
  • 組込み総称関数が:primary以外のqualifierを持てない不具合が修正されました
  • list-sortが第一引数をチェックしない不具合が修正されました
  • make-bytevectorの第一引数にマイナスの値を渡すとSEGVを起こす不具合が修正されました
  • (clos user)をprefixインポートした際にunbound variable例外が投げられる不具合が修正されました
改善点
  • define-c-structが局所的に扱えるようになりました
  • FFIがwchar_t*を扱えるようになりました
  • c-functionが可変長引数を扱えるようになりました
  • MOPがより柔軟になりました
  • コンパイラが使用されていないインストラクションを生成しないようになりました
新たに追加された機能
  • object->pointer及びpointer->objectが(sagittarius ffi)に追加されました

2013-06-10

CLライクな未定義シンボルハンドリング

正直あってもあまり使いどころは無いのだが、面白いことに使えるかなと思い実装してみた。

仕組みはいたって簡単で、総称関数unbound-variableを追加して、VMが未定義シンボルを検出したらそれを呼び出すだけ。デフォルトでは普通に&undefinedを投げるんだけど、たとえばこんなメソッドを追加してやるとCLっぽく動くようになる。

(import (rnrs)
        (sagittarius debug)
        (sagittarius vm)
        (clos user))

(define-method unbound-variable ((name <symbol>) lib)
  (format (current-error-port) "**** unbound variable ~s~%" name)
  (format (current-error-port)
          "use-value   :r1 Input a value to be used instead of ~s~%" name)
  (format (current-error-port)
          "store-value :r2 Input a new value for ~s~%" name)
  (format (current-error-port)
          "abort       :r3 Abort (raise unbound variable error)~%")
  (let loop ()
    (format (current-error-port) "break >")
    (case (read)
      ((:r1) 
       (format (current-error-port) "Use instead of ~a:" name)
       (read))
      ((:r2)
       (format (current-error-port) "New ~a:" name)
       (let ((e (read)))
         (%insert-binding lib name e)
         e))
      ((:r3) (call-next-method))
      (else (newline (current-error-port)) (loop)))))

(print test)
(print test)
(print test)
正直、これがうれしいかといわれると、微妙なところではあるが。使いどころは無いんだけど、REPL上でデバッグするときに便利だろうか?(ただ、あんまり何も考えてないので、この中で例外投げたらどうなるとか全く気にしてなかったりする・・・HEADにあるけど消すかも・・・)

2013-06-09

How should include work?

There was a post which asked the behaviour of the include syntax in R7RS. This is the post;
Dybvig's paper about syntax-case, I'm unsure abouttherequirements
of R7RS regarding the use of `include' within macros:

(define-syntax m
   (syntax-rules ()
     ((_) (lambda (a) (include "some/file.sch")))))

where the file "some/file.sch" contains, say,

(+ a 1)

Is the symbol `a' in "some/file.sch" supposed to match the
lambda's argument?
[Scheme-reports] file inclusion (section 4.1.7 of draft 9)
Then R7RS draft 9 says like this;
Both include and include-ci take one or more names expressed as string literals, apply an implementation-specifi c algorithm to find corresponding files, read the contents of the files in the specified order as if by repeated applications of read, and e ffectively replace the include or include-ci expression with a begin expression containing what was read from the files.
So in R7RS include reads from the specified file with read without any syntax information. So, in above case it shouldn't refer the lambda's argument.

Now, John Cowan responded a lot of implementation could see the variable a. Well, yes, this is odd. However I think I know why (only R6RS implementation wise).

Following is the (naive) implementation of the include with R6RS syntax-case
(import (rnrs))
(define-syntax include
  (lambda (x)
    (define (do-include k name)
      (call-with-input-file name
        (lambda (in)
          (do ((e (read in) (read in)) (r '() (cons (datum->syntax k e) r)))
              ((eof-object? e) (reverse r))))))
    (syntax-case x ()
      ((k name)
       (string? (syntax->datum #'name))
       (with-syntax (((expr ...) (do-include #'k (syntax->datum #'name))))
         #'(begin expr ...))))))
The point in R6RS is that syntax-case must always return syntax object so with this implementation, the included expressions wrapped (or converted) by syntax object so that a contains some syntactic information to refer the lambda's argument. (Unfortunately, Sagittarius raises an error with unbound variable. Well, I know it's a bug...)

Then we need to come back to what R7RS says. Yes, it actually doesn't specify but read the file content by read and replace it. Thus, both behaviours can be valid as my understanding.

Now, my big problem is that I need to fix the macro's bug... I thought it could see it but it didn't...

2013-06-04

FFIとcallback

最近FFI周りばかり弄っている気がする。取り立てて必要というわけではないのだが、バグが目に付くというか、一貫性の無さが気に入らないというかそんな感じ。

っで、ふとcallbackの実装がメモリ使用量的に嬉しくないことに気づいた。

現状の実装ではcallbackは作られるとSagittariusの静的領域に保存される。これは「呼び出したC関数内でcallback関数が保存された後にGCが走ってcallbackは回収されちゃったけどCから呼び出されちゃった、てへっ♪」って言うのを防ぐためだったりする。FFIで開いた共有オブジェクト内のことはGCは気にしてくれないし、ついでにそこに渡されるcallbackはlibffiが割り付けたメモリなのでそもそもGCはたどることすらできない。

まぁ、callbackなんてそんなに使わないからいいかと言えばいいのだが、たとえばうっかり100万回回るループの中で10個ずつ作成しました!なんてことが起きる可能性が無いわけではない。実際、書く方としてはわざわざ開放してやるなんてことをしたくはないだろう。(推奨してはいないが・・・)

ただ、そうするとどうにかして自動で開放してやる仕組みが必要になるのだが、 どこか見知らぬアドレスに格納されたGC管理外メモリのことなんて知る由もないわけで、いい案どころか無理ゲーな感じが否めない。

なにかしら、適当な落としどころがほしい感じである。