Syntax highlighter

2014-03-01

コンパイラのバグ

マクロのバグを直していて以下のようなコンパイラのバグにぶち当たった。
(let ()
  (letrec-syntax ((a (syntax-rules () ((_) 'foo)))))
  (print (a)))
;; -> prints 'foo
火を見るよりも明らかなバグである。なぜこんな挙動になるかといえば、let(rec)-syntaxはマクロ展開後にbeginになるというのに起因している。Sagittariusではマクロ展開フェーズを内部的に持っていないので、コンパイラがマクロを見つけると展開するという仕組みになっている。そして、それを実現するためにlet(rec)-syntaxで束縛されたマクロはコンパイル時環境を破壊的に拡張するという方法をとっている。これが問題なのだ。

上記の場合コンパイル時環境は以下のように推移する
(let () ...)         ;; (()) empty
(letrec-syntax ...)  ;; ((a . <macro>)) *1
(print (a))          ;; ((a . <macro>)) *2
本来であれば*1で足されたマクロは*2の段階では見えなくなっていなければならないが、そんなこともないのが問題になっている。解決方法はいくつかあると思っていて、ぱっと思いつくだけで以下のものがある。
  1.  let(rec)-syntaxで束縛したマクロを先に展開してしまう
  2. define-syntaxのみを特別視してlet(rec)-syntaxでは破壊的に環境を変更しないようにする
1は効率がかなり落ち、2はかなりトリッキーなコードになるとどちらも一長一短である。ただ、2は現状の延長線上にあるので実装としては楽かもしれない。

No comments:

Post a Comment

Post a Comment