2014-07-30

Industriaのテスト

IndustriaというR6RS Scheme用のポータブルなライブラリをご存知だろうか?Göran Weinholt氏が作成しているライブラリで、暗号器からX86のアセンブラまであるという巨大なライブラリである。(GitHubで最後にコミットがあったのが去年の8月なのでひょっとしたら開発が停止しているかもしれない。)リポジトリのweinholt/netディレクトリの中にあるtcp.slsからサポートしている、もしくは検討された処理系を知ることができる。以下がそのリスト。
  • Chez
  • Guile
  • ikarus
  • IronScheme
  • Larceny
  • Mosh
  • mzscheme (Racket)
  • Sagittarius
  • vicare (ikarusの後継)
  • Ypsilon
Biwa Schemeを除いたr6rs.orgに挙げられている処理系のリストほぼそのままである。可搬性のない部分のみをうまく切り出して、あとはR6RSの仕様どおりに書かれているということであろう。

以前このライブラリで定義されているマクロがうまく動かないことがあったこともあり、マクロ展開器のバグを直すたびくらいにテストを走らせていたのだが、ふと他の処理系ではどうなのかと思い試してみた。依存しているSRFIとCygwinという関係上、テストを走らせることが出来たのは以下の3つ。
  • Sagittarius (0.5.7 HEAD)
  • Mosh (0.2.7)
  • Racket (6.0.1 Windows x86_64)
GitHubのIssueに挙げたのだが、weinholt/assembler/x86.slsにあるfind-instruction-encoding手続きで定義されているbailoutが0引数で呼ばれている箇所があるため、直してやる必要がある。(でないとSagittariusはコンパイルエラーを挙げる。)毎回コマンドを叩くのもあほらしいので以下のようなスクリプトを用意した。
#!/bin/sh

usage() {
    echo "run-test.sh CONFIG"
    echo " CONFIG argument must be a shell script file"
    echo " contains $program and $load_flag"
}

if [ -f $1 ]; then
    . `pwd`/$1
    if [ "$?" != "0" ]; then
 echo "source command failed"
 exit -1
    fi
else
    usage;
    exit -1
fi

load_path=`pwd`

init $load_path

cd tests
for f in *.sps
do
    echo "Testing $f"
# hack for Windows racket...
    temp_file=$f.tmp.scm
    echo -n ';;' | cat - $f >  $temp_file
    echo "$program $load_flag $f"
    "$program" $load_flag $temp_file
    rm $temp_file
done
っで、以下の設定ファイルをそれぞれ用意。
# sash.conf
#!/bin/sh
# -*- mode:shell; coding:utf-8; -*-

program=/opt/bin/sash
load_flag=

init() {
load_flag=-L$1
}

# mosh.conf
#!/bin/sh
# -*- mode:shell; coding:utf-8; -*-

program=mosh
load_flag=

init() {
    load_flag='--loadpath='$1
}

# racket.conf
#!/bin/sh
# -*- mode:shell; coding:utf-8; -*-

program='/cygdrive/c/Program Files/Racket/plt-r6rs'
load_flag=

init() {
    load_flag="++path ../"
}
後は以下のようなコマンドで走らせる。
$ ./run-tests.sh sash.conf
テストを走らせた結果、意外にもSagittariusだけが全てのテストをパスするということが起きた。(これを書きたかった。)

Moshはpsyntaxのエラーがあったり、行末文字に起因すると思われるエラーがあったりでいくつかのテストが失敗する。またSRFI-25をサポートしていないのでライブラリがないというエラーも見受けられた。NMoshで走らせた場合はマクロ展開に起因するエラーは発生しないものの、通常のMoshと同様のエラーは発生する。

Racketは恐らく行末文字に起因するエラーが一つといくつかのテストが走ることさえなく落ちていくという現象が起きていた。

また、テスト完了までの時間もSagittariusが最速であった。以下がtimeコマンドを用いたテストケースの起動結果。(Cygwin 32 bit on Windows 7 64 bit Core 7i)
% time ./run-tests.sh sash.conf > sash.log 2>&1              [~/work/industria]
./run-tests.sh sash.conf > sash.log 2>&1  68.94s user 6.14s system 103% cpu 1:12.23 total

% time ./run-tests.sh mosh.conf > mosh.log 2>&1              [~/work/industria]
./run-tests.sh mosh.conf > mosh.log 2>&1  111.95s user 2.98s system 99% cpu 1:55.56 total

% time ./run-tests.sh racket.conf > racket.log 2>&1          [~/work/industria]
./run-tests.sh racket.conf > racket.log 2>&1  0.21s user 0.71s system 0% cpu 5:56.48 total
以外なのはRacketが5倍近く遅かったことである。

この結果を受けて着実に使える処理系になっていっているということと勝手に解釈することにする。

2014-07-27

みんな仲良く

ドラクエ4の作戦みたいだw 博愛主義とは違うんだろうけど、こういうのなんていうんだろう?

生きていれば、好きになれない人、どうにも馬が合わない人、関わりたくない人なんていくらでも出てくると思う。そんな人との付き合いが発生したときにどうするかという話。あくまで僕個人の話で、これが唯一絶対ではないし、一般論ですらないかもしれないけど・・・(どちらかと言えば単なる愚痴というか精神衛生を保つために何かしら吐き出すという行為に近いw)

こういう話を一般論でするのは多少危険なので、少しだけ具体的な状況を記しておくことにする。相手は、僕のことを散々人格否定した人。ちなみにそれに関しての謝罪はない。状況としては第三者から今のギクシャクした関係をなんとかできないかという話を振られた。これ以上具体的に書くのは辛いのでこれくらい。

個人的にはそんな話が第三者からでてくること自体がおかしな話だと思うのだが、まぁ理解できなくもない範囲であるし、こういった場合にどう答えるのかというのが趣旨なのでそれは置いておく。僕の答えはもちろん「No」である。できるわけがない。

感情的に言えば、相手は僕の人生の中に存在しないレベルでいてほしいくらいになっている。そもそも謝罪もされていないのだから相手方にそんな意思はないと捕らえるのが普通で、そんな人間との関係をどうこうするつもりはない。まぁ、謝罪されたからといって許すつもりは全然ないし、謝罪がほしいとすら思っていない。そもそも、存在してほしくないのだ。

理性的には、そうするメリットがない。幸か不幸か相手の状況を大体把握しているのと、相手から学ぶことはない(IT界隈の人ではないという意味)のと、相手が持つコネクションは僕にとって価値があるものではない。最悪の場合、デメリットが発生する可能性の方が高い(金の無心等)。打算的にみて一切の利がないのであれば、関係を改善する理由はない。

感情的にも理性的にも「No」という答えがでてくるのだ、それこそどうしようもない。こういった場合に求められるのは「大人の対応」ができるかどうかだけである。人それぞれ「大人の対応」の定義に違いがあるとは思うが僕の定義では、必要最小限の会話で波風を立てずただやり過ごす、である。必要最小限の会話なんてビジネスの場でないのであればそれこそ挨拶程度でいいし、それも他に誰かいるときだけでいい。道端でばったり出会ったときは無視すればいい。社交性が求められるのは自分と相手の第三者がいるときだけである。

綺麗ごとだけで生きていける人からすれば、僕の対応は間違っているのかもしれないけれど、残念ながらそんな幸せな世界では生きていないみたいである。全ての人と仲良くする必要はないし、全ての人を許す必要もない、嫌な人は変な波風を立てないように適当にあしらえばいい。あんまり褒められたものではないが、30余年の人生で学んだ処世術の一つである。

2014-07-26

SRFI-22の紹介

(LISP Library 365参加エントリ)

SRFI-22はSchemeスクリプトをUnix上で実行形式であるかのうようにして走らせるためのSRFIです(日本語難しいな・・・)。何を定義しているかといえば、スクリプトの先頭に現れた#! /usr/local/bin/sashのような形式のラインを無視することと、main手続きの呼び出しです。

具体的な例を見てみましょう。(この例では/usr/local/binにSagittariusがインストールされていることを前提としています。)
#! /usr/local/bin/sash

(import (rnrs))

(define (main args)
  (display "hello world!") (newline))
このスクリプトを仮にsrfi-22.scmとして保存し実行権を付与すれば、Unixライクなシェル上で以下のように実行することができます。
$ ./srfi-22.scm
このSRFIで重要になるのは、実は#!の部分だけで、それ以外は処理をトップレベルにおいてしまえば動きます。(R5RS時代にcommand-line手続きがなかったのであればmainの意味は大きいとは思いますが、R6RS以降であれば単なるショートカットくらいの意味しかないでしょう。)

個人的にはもっともよく使っているSRFIの一つですが、割と賛否両論あるみたいです。

今回はSRFI-22を紹介しました。

2014-07-25

R7RS implementation differences

Recently, Gauche 0.9.4 has been out and it now supports R7RS. Now, I have couple of R7RS implementation in my hand, like followings;
  • Sagittarius (of course)
  • Chibi Scheme
  • Gauche
  • Foment
Well, only 3. I've also tried foment and picrin which are is supposed to be R7RS implementations however it didn't work on Cygwin which is my main environment. (Sorry, I'm Windows user...)

July 28th 2014: Foment compiled on VC2010 has been added.

The purpose of this article is to show some corner cases of R7RS. Sagittarius is R6RS/R7RS and Chibi and Gauche are R5RS/R7RS implementation so there should be something but how much? So I've prepared this test script.
;; #!r7rs is supported only Gauche and Sagittarius...
;; #!r7rs
(import (scheme base)
        (scheme write)
        (scheme read)
        (scheme file)
        (scheme inexact)
        (scheme lazy))

(define (print . args) (for-each display args) (newline))

;; string
;; allow #\null in string?
(print "String range")
(write "abc\x0;def")(newline)

;; file
;; are binary and textual port separated?
(print "Port separation")
(define-syntax check-port
  (syntax-rules ()
    ((_ opener reader data)
     (let ((in (opener data)))
       (guard (e (#t (print "ERROR: "(error-object-message e))
                     (close-input-port in)))
         (print 'opener ":" 'reader)
         (reader in)
         (close-input-port in))))))

;; files
(check-port open-binary-input-file read-char "r7rs-comp.scm")
(check-port open-binary-input-file read-u8 "r7rs-comp.scm")
(check-port open-input-file read-char "r7rs-comp.scm")
(check-port open-input-file read-u8 "r7rs-comp.scm")
;; memory
(check-port open-input-bytevector read-u8 #u8(0 1 2 3))
(check-port open-input-bytevector read-char #u8(0 1 2 3))
(check-port open-input-string read-u8 "abc")
(check-port open-input-string read-char "abc")

;; error object
(print "Error object")
(define-syntax check-error
  (syntax-rules ()
    ((_ pred expr)
     (guard (e (#t (print 'pred ":" (pred e))))
       expr))))
(check-error error-object? (car 'a))
(check-error read-error? (read (open-input-string "#0#")))
(check-error file-error? (open-input-file "this doesn't exist.txt"))

(define-syntax check
  (syntax-rules ()
    ((_ expr)
     (guard (e (#t (print 'expr ":" (error-object-message e))))
       (print 'expr ":" expr)))))

;; sqrt
(print "Procedures")
(check (sqrt 4))

;; promise
(print "Promise")
(check (+ (delay (* 3 7)) 13))
The script is constructed based on what I thought could be a corner case. Mostly port related procedures and error object. Then this is the output;
Sagittarius
String range
"abc\x0;def"
Port separation
open-binary-input-file:read-char
ERROR: textual port required, but got #<file-binary-input-port r7rs-comp.scm>
open-binary-input-file:read-u8
open-input-file:read-char
open-input-file:read-u8
ERROR: "binary-port" required, but got #<transcoded-textual-input-port r7rs-comp.scm utf8-codec>
open-input-bytevector:read-u8
open-input-bytevector:read-char
ERROR: textual port required, but got #<bytearray-binary-input-port>
open-input-string:read-u8
ERROR: "binary-port" required, but got #<string-textual-input-port>
open-input-string:read-char
Error object
error-object?:#t
file-error?:#t
Procedures
(sqrt 4):2
Promise
(+ (delay (* 3 7)) 13):"number" required, but got (13 #<<promise> 0x80599100>)
---
Chibi Scheme
String range
"abc\x00;def"
Port separation
open-binary-input-file:read-char
open-binary-input-file:read-u8
open-input-file:read-char
open-input-file:read-u8
open-input-bytevector:read-u8
open-input-bytevector:read-char
open-input-string:read-u8
ERROR: not a binary port
open-input-string:read-char
Error object
error-object?:#t
read-error?:#t
file-error?:#t
Procedures
(sqrt 4):2
Promise
(+ (delay (* 3 7)) 13):invalid type, expected Number
---
Gauche
String range
"abc\0def"
Port separation
open-binary-input-file:read-char
open-binary-input-file:read-u8
open-input-file:read-char
open-input-file:read-u8
open-input-bytevector:read-u8
open-input-bytevector:read-char
open-input-string:read-u8
open-input-string:read-char
Error object
error-object?:#t
read-error?:#t
file-error?:#t
Procedures
(sqrt 4):2
Promise
(+ (delay (* 3 7)) 13):operation + is not defined between 13 and #<promise 0x80445480>
Following it the output from Foment
String range
"abc^@def"
Port separation
open-binary-input-file:read-char
ERROR: read-char: expected an open textual input port
open-binary-input-file:read-u8
open-input-file:read-char
open-input-file:read-u8
ERROR: read-u8: expected an open binary input port
open-input-bytevector:read-u8
open-input-bytevector:read-char
ERROR: read-char: expected an open textual input port
open-input-string:read-u8
ERROR: read-u8: expected an open binary input port
open-input-string:read-char
Error object
error-object?:#t
file-error?:#t
Procedures
(sqrt 4):2
Promise
(+ (delay (* 3 7)) 13):+: expected a number
Hmmm, not much difference than I expected. The only difference is port related procedures. Gauche is the most tolerant then Chibi, Sagittarius is the strictest one. Well, Sagittarius is an R6RS implementation and it's required to be. Gauche's behaviour is a bit too flexible to me but still consistent. Chibi looks a bit tricky to me. It actually reject to pass texutal port to read-u8 however read-char accept binary port.

Even though, R7RS explicitly says that implementation may reject #\null in strings however none of implementations does it. Interestingly, Foment doesn't support writing #\null. So it writes as it is. It would be better to consider that it doesn't support properly or particially supported. So to write portable string library, users should not depend on null character.
 
I thought error object could have some difference but not really (or the test script doesn't cover that much).

I was hoping one of the implementations (Chibi or Gauche though) have implicit forcing but the result was none of them.

The difference is small and it's avoidable if users are consistent. So if you write R7RS scripts and it could be run on Sagittarius, then most likely it would run on the other implementations.

2014-07-24

バグは寝かせてみるといい

かなり長めに寝かせていたバグの糸口を掴んだのでメモ。

問題になるのは以下のようなコード
(import (rnrs))
(define-syntax wrap-let
  (syntax-rules ()
    ((_ expr)
     (let-syntax ((foo (lambda (x) (syntax-case x () ((_) #'expr)))))
       (foo)))))

(define-syntax wrap
  (lambda (x)
    (syntax-case x ()
      ((_ expr)
       #'(let ((temp expr))
           (wrap-let (car temp)))))))

(wrap '(a b c))
これがなぜ問題になるのかというのが重要で、展開された後を見るとなんとなく答えが出てくる。以下が展開形コードのイメージ。
(let ((temp.0 '(a b c)))
  (let-syntax ((foo (lambda (x) (syntax-case x () ((_) #'(car temp.0))))))
    (foo)))
問題はここからで、let-syntaxの中にある#'(car temp.0)が原因。Sagittariusのマクロ展開器は現状syntax-caseのパターン及びテンプレートを全てリネームする。さらにsyntaxが展開されるときにもリネームする。そうすると、元々のtemp.0は持っていない構文情報を付加されてしまい、結果的に一意の識別子になってしまう。

ならば、テンプレート変数と分かっている場合はリネームしなければいいだけのように見えるのだが、そうも行かないのが面倒なところ。テンプレート変数はリネームされなければならないのだ。とりあえずマクロ展開形が局所マクロを含んでいるというのは(おそらく)なんとか分かる気がするので、その場合のみを特殊扱いするという感じでいこうかと思う。既に不安材料が見えているのでそれが正しいのかは今一よく分からないのではあるが・・・

このバグ、6ヶ月くらい寝かせてあったのだが、最近になって気運が高まってきたのか原因が掴めるところまできた。どうやら困難なバグほど寝かせておいた方が角が取れて消化しやすくなるらしい。

2014-07-22

packratの機能追加

SagittariusにはChicken由来のpackratライブラリがあるのだが、このライブラリ数量指定子が使えなくて非常に使い出が悪い。例えば、0個以上の何かを取るというのを書くのに以下のようにする必要がある。
(import (rnrs) (packrat))

(define (generator tokens)
  (let ((stream tokens))
    (lambda ()
      (if (null? stream)
          (values #f #f)
          (let ((base-token (car stream)))
            (set! stream (cdr stream))
            (values #f base-token))))))

(define quantifier (packrat-parser
                    top
                    (top ((vs <- item*) vs))
                    (item* ((i <- item i* <- item*) (cons i i*))
                           (() '()))
                    (item (('+) '+))))


(let* ((q (generator '((+) (+) (+))))
       (r (quantifier (base-generator->results q))))
  (parse-result-semantic-value r))
;; -> (+ + +)
BNFで書かれた定義を持ってくる際に数量指定子がないというのは非常に面倒で、パーサを書くのを何度も何度も億劫にしてくれた。quantifierの定義はこう書けた方が直感的である。
(define quantifier (packrat-parser
                    top
                    (top ((vs <- (* item)) vs))
                    (item (('+) '+))))
ずっとほしいと思っていたのだが、そろそろあった方がいいなぁという気運が高まってきたので、えいや!っと中身を読むことにした。

中身を読んで分かったのは、複数回マッチするというのを何とかするAPIが足りていないのが原因ぽかったので、こんなのを追加してマクロ側にも手を入れてみた。
(define (packrat-many parser n m k)
  (lambda (results)
    (define (>=? many max) (and max (>= many max)))
    (define (return-results vs result)
      ;; if we inline map then for some reason step on a bug...
      (let ((vals (map parse-result-semantic-value vs)))
        (merge-result-errors ((k vals)
                              (parse-result-next result))
                             (parse-result-error result))))
    (when (and (zero? n) (eqv? n m))
      (error 'packrat-many "both min and max are zero" n m))
    (let loop ((i 0) (vs '()) (s #f) (results results))
      (if (>=? i m)
          (return-results (reverse! vs) s)
          (let ((result (parser results)))
            (cond ((parse-result-successful? result)
                   (loop (+ i 1) (cons result vs) result
                         (parse-result-next result)))
                  ((<= n i)
                   (return-results (reverse! vs) result))
                  (else result)))))))
なぜか、インライナーのバグを踏んだのはまぁご愛嬌ということで・・・
マクロの方は+、*、?に加えてマッチ回数を指定できる=も入っている。長いのでここには載せない。これで多少便利になる気がする。

2014-07-14

ライブラリの作られるタイミング

Chaton Gauche部屋から流れてきたこれ
REPLからエラーの起きるライブラリを繰り返しr7rs#importすると,エラーが起きなくなります.

;; temp.scm
(define-library (temp)
  (begin
    (f)))

;; REPL
gosh> (import (temp))
*** ERROR: Compile Error: Compile Error: unbound variable: f

"(standard input)":1:(import (temp))

Stack Trace:
_______________________________________
  0  (eval expr env)
        At line 179 of "/usr/local/share/gauche-0.9/0.9.4-rc2/lib/gauche/interactive.scm"
gosh> (import (temp))
#<undef>
gosh[r7rs.user]>
全く同じ問題がSagittariusでも起きる。原因も分かっていて、コンパイラがコンパイル時にライブラリを作ってしまうけど、エラー自体はランタイムで起きるのでimportが呼ばれた際にはライブラリはあるものとして扱われてしまうから。

あまりうまい解決策が思いつかないんだけど、とりあえずぱっと思いついたのがVM側で何とかするというもの。っが、実際に実装しかけては無理だなぁということが分かってしまったので破棄。案としては、evalの中身をwith-exception-handlerで囲ってしまい、エラーが起きた際に現在のライブラリと保存されたライブラリが異なっていたら現在のライブラリを破棄するというもの、だったのだが、これはライブラリの変更がインストラクションでのみ発生するということに依存している上に、それ以外の方法で変更することが可能なので火を見るより明らかにだめだろうという・・・

次に思いついたのが、ライブラリのコンパイル全体をwith-exception-handlerで囲ってしまうとうもの。実際の手順としては以下のようになる予定。
  • ダミーのライブラリを作る
  • 実行コードをwith-exception-handlerで囲う
  • コンパイル及び実行
    • エラーがあればダミーを破棄
    • なければ正式名で作成及び中身をコピー
こっちはまだ実装をしていないのだが、見えているだけで以下のデメリットががが
  • エラーが存在しない場合でも呼ばれる
    • キャッシュがでかくなる
  • 余分な手続きを2つ作る必要があるため、性能に影響が出そう
  • コピーが重い
  • マクロ展開がライブラリを使用しているのだけれど・・・
まぁ、ダミーのライブラリを作る必要はないかもしれないのでそこは下2つは無視できるかもしれないが。

REPLでしか起きない問題なので多少以上にやる気が低いのも問題だろう・・・

2014-07-11

SRFI-19の紹介

(LISP Library 365参加エントリ)

SRFI-19は日時を扱うライブラリです。関連性が強いのでSRFI-18と同じ著者だと思っていたのですが、実は違うということに今日気づきました。新たな発見です。

このSRFIでは時間と日付の両方を扱います。まずは簡単に使い方を見てみましょう。
(import (rnrs) (srfi :19))
;; simple stop watch
(define-syntax time
  (syntax-rules ()
    ((_ expr)
     (let* ((s (current-time))
            (r expr)
            (e (current-time)))
       (display "execution time: ")
       (display (time-difference e s))
       (newline)
       r))))

(define (tak x y z)
  (if (not (< y x))
      z
      (tak (tak (- x 1) y z)
           (tak (- y 1) z x)
           (tak (- z 1) x y))))

(time (tak 21 14 7))
;; prints
;; <time-duration 0.0000000>
;; -> 14
どのような形で表示されるかは処理系依存なので、値を真面目に取得するにはtime-secondやtime-nanosecond等のアクセサを使います。

current-timeで現在の時間オブジェクトを取得するのがよく使われると思いますが、計算して時間を求めることも可能です。その際にはmake-time及び計算用の手続きを使います。
(define one-hour (make-time time-duration 0 3600))
(let ((c (current-time)))
  ;; I don't want to do anything for an hour...
  (thread-sleep! (add-duration c one-hour)))

make-timeは最初に時間タイプを受け取ります。このSRFIでは以下のタイプが定義されています。
  • time-duration
    時間の差分を扱います
  • time-monotonic
    Monotonicな時間を扱います
  • time-process
    現在のプロセス時間を扱います
  • time-tai
    TAI時間を扱います
  • time-thread
    現在のスレッド時間を扱います
  • time-utc
    UTC時間を扱います
処理系によってはプロセス時間とスレッド時間はサポートしていない可能性があります。

日付を扱う手続きのいくつかを見てみましょう。
(current-date)
;; -> date object

(date->string (current-date))
;; -> "Sat Jul 12 19:03:24+0100 2014"

(date->string (current-date) "~Y-~m-~d")
;; -> "2014-07-12"

(string->date "2014-07-12" "~Y-~m-~d")
;; -> date object

(date->julian-day (current-date))
;; -> 7075728736710773/2880000000

(julian-day->date 7075728736710773/2880000000)
;; -> date object
上記以外にも日付⇔時間、修正ユリウス暦⇔日付or時間、TAI時間⇔UTC時間等の変換手続きが用意されています。

個人的に日付⇔文字列の変換は拡張性が無く、またXSD等が採用しているISO-8601のフォーマットのタイムゾーン形式に対応していなかったりと、多少使いにくい点があります。日付のアクセサは用意されているのでその辺は自前で書けということなのかもしれませんが・・・

今回はSRFI-19を紹介しました。

2014-07-09

Unicode character set

I'm implementing SRFI-115 on top of builtin regular expression engine adding missing feature to implement and struggling with its Unicode requirement. Even though the SRFI says Unicode support is an optional feature and those Unicode related SREs have no effect if it's not supported.

However I don't like taking conservative way. It's always better to implement full feature so that users don't have to consider implementation's limitation. Now the problem is how and compatibility with built in engine. If Unicode is supported then SRFI requires, for example, alphabetic to match L, Nl and Other_Alphabetic characters. Current builtin engine only considers ASCII for named character sets (e.g. [[:alpha]] or even \w). Well there are bunch of options to resolve this but followings are, I think, rational;
  1. Support these only in this SRFI
  2. Builtin engine should support Unicode as well
Option #1 is the easier way  to do it. Option #2 would break backward compatibility so I need to be very careful especially \w. I believe I've already wrote bunch of code which depend on the fact that it only matches ASCII characters.

Let's think about #1 first. This must be relatively easy so that I just need to convert the named character set to Unicode character set or ASCII character set depending on the expression. The problem, if I dare to call, is that I need to prepare 2 types of the same named character sets; one of them is already there, though. So all what I need are adding full Unicode character sets and switch them according to the context. Easy isn't it?

Now option #2. The problem is backward compatibility. There are 2 main possible breaking compatibility issues; one is regular expression itself and the other one is SRFI-14. The whole point to do this option is make my life easier for later stage to merging Unicode character sets to predefined ones such as char-set:letter. For regular expression engine, I probably just need to make sure by default it's ASCII context. However I'm not even sure whether or not I wrote a piece of code with SRFI-14 that depending on ASCII character set. (quick grep showed I have, so if I merge it then I need to check all code...)

So if I take #2 then the following things need to be done;
  • Separating Unicode/ASCII context on builtin regular expression engine
  • Adding full unicode set to builtin character sets (including SRFI-14)
  • Checks if there is a piece of code which depends ASCII charset
I feel somewhat it doesn't worth but cleaner than #1. Well, it's always good to have some challenges so I should take the harder way.

2014-07-05

SRFI-18の紹介

(LISP Library 365参加エントリ)

SRFI-18はマルチスレッドを扱うライブラリです。POSIXが採用しているスレッドモデルとほぼ同じなのでなれている人はほぼ同じように使えます(条件変数の扱いが多少違うのと、ミューテックスが破棄された状態を持つのが違う点かと思います)。

使い方を見てみましょう。以下は簡単なスレッドの作成です。
(import (srfi :18))
(let ((t (thread-start! (make-thread (lambda () (write 'a))))))
  (write 'b)
  (thread-join! t))
;; -> <unspecified>
;; prints ab or ba
スレッドの作成にはmake-thread、開始にthread-start!、終了を待つのにthread-join!を使います。

スレッドを使っていると数秒止めたくなることもあるでしょう。そんなときにはthread-sleep!を使います。
(import (srfi :18))
(thread-sleep! 1) ;; sleep 1 second
一応スレッドの停止(破棄)もサポートされています。このオペレーションは非常に危険なので注意して使えという注釈も付いています。
(thread-terminate! (current-thread)) ;; -> never return
thread-yieldは他のスレッドに処理時間を明け渡す手続きです。非常に重たい処理を行うスレッドが可能な限りCPUの空き時間に処理を行いたい場合などに使えます。
(import (rnrs) (srfi :18))

(define m (make-mutex))
(define (do-something-else) (print 'something-else) (thread-sleep! 1))

(let ((t (make-thread (lambda ()
                        ;; a busy loop that avoids being too wasteful of the CPU
                        (let loop ()
                          (if (mutex-lock! m 0) ; try to lock m but don't block
                              (begin
                                ;; Do some heavy process
                                (display "locked mutex m")
                                (mutex-unlock! m))
                              (begin
                                (do-something-else)
                                (thread-yield!) ; relinquish rest of quantum
                                (loop))))))))
  (mutex-lock! m 0)
  (thread-start! t)
  (thread-sleep! 1)
  (mutex-unlock! m))
僕自身はそんなミッションクリティカルな処理を書いたことが無いので使ったことのない手続きの一つですが・・・

次にミューテックス及び条件変数の使い方を見てみましょう。ミューテックスを扱う手続きは既に上記の例で出ていますが、ロックを書けるのにはmutex-lock!、外すのにはmutex-unlock!を使います。また、このSRFIで採用しているモデルでは条件変数はシグナルを送る以外の手続きを持っていないので、pthreadのpthread_cond_waitのようなことをするにはmutex-unlock!を使います。mutex-unlock!のオプショナル引数が条件変数を受け取った場合には、pthread_cond_waitとほぼ同様の動作をします。ただし、ミューテックスはロックされていないので、注意が必要です。

今回はSRFI-18を紹介しました。

2014-07-01

You gotta LOVE side effect...

Recently I've implemented the procedure that checks if given closure is transparent/no side effect. Then I thought that's cool so that compiler can eliminate some of no-side-effect expression or compute the result in compile time if the given argument is constant variable. Now I've got a problem.

To describe it, here is the small piece of code which causes the problem.
(import (rnrs))

(define label-counter (lambda () 0))
(define (new-lbl!) (label-counter))

(define (change-label-counter)
  (set! label-counter (lambda () 1)))

(define (print . args) (for-each display args) (newline))

(let ((lbl (new-lbl!)))
  (print lbl))
(change-label-counter)
(let ((lbl (new-lbl!)))
  (print lbl))
This should print 0 then 1. Well, it doesn't seem there is a problem except the change-label-counter. The defined label-counter is obviously constant so it'd be inlined in the new-lbl!. Now, the change-label-counter sets the new value to label-counter, here comes the problem. The new-lbl! has already compiled with inlined value and just returns 0 so change-label-counter doesn't have any effect to it. Then the result value would be always 0.

If these procedures are defined in a library, then Sagittarius compiler could check if the global defined variable would be changed or not however because this is defined in a script it can't and just tries to inline so that the target procedure looks constant.

What I can do is;
  • Don't inline them if it's in script.
  • Forbit set! for globally defined variable.
    • Make impossible to run some of R5RS code (e.g. Gambit benchmark's compiler)
  • Read all expression and wrap with a library before compiling a script
    • I can already see the horrible future...
Hmmmm, I guess I need to disable this check for now...