2017-07-03

引っ越し

7年住んだアパートからの引っ越しが完了した。新居の準備がまだ全部終わっていないが(床のフローリングが一部終了してない等)今週中には終わるだろう。7年も住んでいると普段は気にしなくてもこういう時に物であふれていたんだなぁと気付かされた。引越し業者が荷物の運び出しを完了した後で10箱以上自力で運びだしたりしていた(箱詰めが失敗したとも言えなくないが、細々したものというのは往々にして忘れられがちなのだ)。

オランダのアパートは入る時も出るときも割と面倒である。入るときはだいたい床はコンクリートむき出しの状態、壁紙はあったりなかったり。出るときは以下の状態にして出ろと言われる:
  • 床はコンクリートむき出し
  • 壁は白く塗ってあること
  • 天井も白く塗ってあること
  • 壁に開けた穴は埋めること
まぁ、入った時と同じにしろと言われる。ただ、僕の場合は多少特殊で、入った時は「天井が白ければよい」という条件だったんだけど、途中で大家が変わったので「壁も白くしろ」が追加された。なので、受け取った時は青い壁とか、トイレに模様とかあったんだけど、それらを全て白く塗りつぶせという話になった。納得が行かないが、まぁしょうがない。

偶然にも、新しい居住者が入れ替わりで入ることになりかつその人がフローリング、冷蔵庫、洗濯機、オーブン、ベッドフレームを引き取ると言ったのでそれらの運び出し及び廃棄をする必要がなくなったのは幸運だったのだろう。その人にとってもそれらが無料で手に入るのは悪くない条件だと思う。多少汚れてたりしても…(余談だが、フローリングはアパートが広いこともあって総額で2000ユーロ以上かかってたりする。)

新居の鍵の受け渡しから退去までが一週間しかなく、その間に荷出しとかもあったので、非常に疲れる週であった。連日23時くらいまで運び出しと清掃等を行っていたのだが、22時くらいまでは明るいという非常に幸運な時期に引っ越ししたとも言える。これが冬だったら暗闇の中いろいろやることになっていた。

どうでもいいのだが、敷金が帰ってくるまでに2ヶ月かかるってどういうことなんだろう?どう考えても時間かけ過ぎだと思うだが?

No comments:

Post a Comment